カテゴリー
  • カテゴリーなし

最後の主役の時

人は人生の中に3度主役になることが出来る時があると言われています。1回目が産まれた時で、2回目が結婚式、そして3回目が亡くなった時です。人生最後の主役になれ時である葬式は、やはり自分らしいものにしたいと思いますよね。一般的な葬式と言うと、通夜から葬儀、そして告別式という流れになります。しかし、通夜・葬儀・告別式を行うとなるとたくさんの費用が必要になります。中には、たくさんの費用をかけてまで盛大な葬式をしたくないという人もいるでしょう。また、最後の主役の時だからこそ、大勢の人とお別れをするのではなく、親しい限られた人とゆっくりとお別れをしたいという人もいるでしょう。

そんな人に今回ご紹介したいのが、家族葬です。家族葬とは、その名の通り家族などの近親者のみで行う葬式のことです。家族葬は今主流となりつつある葬式です。核家族化によって近所の人との付き合いが少なくなってしまったり、定年をして年月が経っていると会社の人との付き合いが無くなってしまったり、高齢になって知人な友人も他界してしまっているという方に多く選ばれています。

あとは何と行っても費用が抑えられるという点で選ばれています。家族葬の価格は、一般の葬式の価格に比べ半分以下になる場合があります。価格だけでなく、香典返しなどの手間を省くことが出来るというメリットもあります。では、実際にいくらくらいの価格で葬式をすることが出来るのか、次のページで詳しくお教えしていきます。

LINK LIST

カレンダー
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031